自己啓発

忍耐力を身につけるには?忍耐力がない人の特徴と鍛える方法

2020年6月17日

「なかなか物事が続かないし、すぐに投げ出してしまう…。忍耐力ってどうやったら身につくのだろうか?」

この疑問に答えます。

世の中には、何をやっても長く続かない人っていますよね?

  • 資格勉強を始めたのに時間が経つにつれてすっかりやらなくなってしまった
  • ダイエットしようと思ったのについつい甘いものや高カロリーなものを食べてしまう

思うように作業が進まなかったり、簡単に諦めてしまったりする人が大半です。

しかし社会で生き抜くためや成功するためには、物事を粘り強く続ける気力である忍耐力が必要です。

この記事では忍耐力はなぜ必要なのか?や忍耐力がない人の特徴と鍛え方について解説していきます。

よかったら読んでください。

なぜ忍耐力が必要なのか?

現実社会では何もかも自分の思い通りにならないことがたくさんあり、我慢や忍耐を強いられる場面がほとんどです

生活のためには嫌なことを割り切ってしなければならないこともあります。

さらに忍耐力がない人はなかなか大きな成果や結果を生み出すことができません。

しかもほとんどのことは、すぐに結果が出ないですし、様々な問題や課題が出てくることが多いです。

これらの課題を解決しなければならないためには頭を使って考える必要がありますが、考える行為は意外と忍耐力を使います。

忍耐力がないと物事を考えられず、すぐ投げ出してしまいます。

そしてそのまま主体性もなく流されて生きていくことになります。

参考自主的に行動することによって得られるコトと行動する4つの方法

「よく人に振り回されてばっかりだな、やる気も出ないし自分の人生じゃないみたい。自主的に行動するにはどうしたらいいの?」 この疑問に答えます。 先日こういうツイートをしました。 よく他人に振り回されてい ...

続きを見る

忍耐力がない人の特徴とは?

ここでは忍耐力がない人の特徴をご紹介します。

主体性がない

忍耐力がない人は自分の意思で物事を決断しないことが挙げられます。

どのようなことにも受け身で自分の意思で何かをしようとしません。

誰かの指示を聞いていれば、楽だし責任を負うこともないでしょう。

ですがそんな人は指示されてこなしてきたため、状況の変化に耐えられずに投げ出してしまうことになりがちです。

誘惑に流されやすい

忍耐力がない人は誘惑に弱いです。

どうして人間というのは楽な方へ流れがちなので、忍耐力がない人はすぐに怠惰になります

しかし現実は厳しいのです。

今、楽な方に流れていく人は結果的に後になってから、自分の苦労が増えてしまうことになります。

自信がない

自信がない人は少しの失敗で劣等感を持ってしまいます

なので、物事が続きません。

物事が続かないので成果が出ずに、また自信を失う悪循環に陥ります。

この悪循環に落ちてしまったら最後、自分のために努力や行動することはないでしょう。

夢や目標がない

忍耐力がない人は夢や目標がないことがあります。

なので、何かを頑張ることはしませんし、何かを達成した経験がないケースがほとんどです。

夢や目標があったら簡単には諦めてないはずです。

忍耐力を鍛える方法

ここでは4つの方法をご紹介します。

目的を明確にする

自分が何を望んでいるのか何がやりたいのかということを明確にしましょう。

目的を意識することで、モチベーションが高くなります。

さらに目的を明確にすることで、未来のことを考えることができるため、頑張る意味が生まれます

忍耐力がある人は、現在の辛い状態ばかりを見るのではなく、素晴らしい未来があることを信じることによって、頑張り続けることができるのです。

一つのことに集中する

忍耐力がついてない人はあまり難しいことよりも手が届きそうなものにするのがオススメです。

例えば資格取得なら、1日1ページだけ参考書を進めるなどです。

あれこれやったり、一気にやろうとすると案外続かないものです。

忍耐強く続けるには頑張らないことも大事です

無理なく続けられることが忍耐力につながります。

成功体験を積み重ねる

忍耐強く行動できるのは、成功が待っていると心から信じているからではないでしょうか。

失敗が待っているなら忍耐強くやった意味がないです。

先に待っているのが成功だからこそ、どんなことでも忍耐強く行動できるのです

さらに成功体験を積み重ねることでモチベーションを引き出し自信を高めてくれます。

成功体験を積み重ねるには難しいので、簡単なものからやっていきましょう。

成功体験が増えると忍耐強くやった先には成功があると信じられるようになります。

小さな変化を可視化する

せっかく忍耐強く行動しても、成果が見えなければ挫折してやめてしまいます。

なので自分ができたことを可視化することでモチベーションの維持や自信を上げることができます。

客観的な数字などにして見直すことによって、ここまでやってきたのだから頑張ろうという気が起きてきます。

まとめ

以上、忍耐力はなぜ必要なのか?や忍耐力がない人の特徴と鍛え方についてでした。

本記事のまとめ

  • 現代社会では我慢や忍耐を強いられる場面が多くある
  • 忍耐力がない人は自分の意思で物事を決断しない
  • 忍耐力がない人は誘惑に弱い
  • 自信がないとすぐに諦めてしまう
  • 忍耐力がないのはそもそも夢や目標がない

忍耐力を鍛えるには

  • 目的を明確にすることや一つのことに集中する
  • 成功体験を積み重ねる
  • 小さな変化を可視化する

忍耐力がない人はぜひ忍耐力を鍛えてみてください。

忍耐力を鍛えることによって夢や目標が達成できることを祈っています。

-自己啓発
-

© 2020 逆境ドットコム