自己啓発

ポジティブ思考とネガティブ思考の違い、どっちがいいのか?

ポジティブ思考とネガティブ思考の物事の捉え方として、よくこんな例えがされます。

コップ半分の水を見たとき

  • 半分も残っていると見るか
  • 半分しかないと見るか

いかがでしょうか?

 

私たちはすでに多くのこと(家族、友人、仕事、住む場所)を手にしています。

逆にないものもあります。大金だったり、豪邸だったり。

どちらに目を向けるかは幸せに生きることに重要になるでしょう。

 

この記事では、「ポジティブ思考とネガティブ思考はどちらがいいのか」や「それぞれの思考のメリットデメリット」について解説していきます。

読んでみてください。

「ポジティブ思考」と「ネガティブ思考」のどちらがいいのか?

結論、時と場合によります。

ほとんどの人はポジティブ思考が良いと考えがちですが、ポジティブ思考は実行力が伴わないことが多いです。

 

ポジティブ思考は前向きで粘り強くなりますが、夢を描くだけで無能になりやすいです。

一方、ネガティブ思考はすぐ諦めて無気力になりますが、物事を正確に把握しやすいです。

 

それぞれについて解説していきます。

ポジティブ思考は前向きで粘り強くなる力を生む

アメリカ海軍は過酷な訓練をやりきった特殊部隊員を調査し、やりきった隊員は一つの習性があったことが明らかになりました。

それは「ポジティブな心のつぶやき」でした。

 

人は毎分頭の中で300〜1000もの言葉をつぶやいているそうです。

その中には、「きっとできる!」というポジティブな言葉も「もうダメだ!」というネガティブな言葉も含まれています。

 

そして、前向きな言葉は私たちのやり抜く力に大きなプラスの影響をもたらすことがわかりました

のちに海軍では、ポジティブな言葉を自分にかけるように指導したところ、訓練の合格率が10%上がりました。

 

ポジティブ思考は物事に辛抱強く取り組み、決して諦めずに最後までやり通す力を生み、その結果自分よりも多くの機会をもたらします。

ポジティブ思考は意外と行動力が低い

心理学者ガブリエル・エッティンゲンは、「成功した自分を夢に思い描くと実現する」という説を否定し、逆に「成功した自分を夢に思い描くと目標達成から遠ざかる」主張しています

 

これは人間の脳は幻想と現実を見分けることができなく、望みのものを手に入れたと勘違いしてしまうそうです。

つまり、夢を見るという行為によって人は頭の中でそれを達成してしまい、現実での行動力が低下するということです。

ネガティブは物事を正確に把握できる

ネガティブ思考は物事を予測する上ではネガティブ思考の方が正確だという見方があります。

この理論は「抑うつリアリズム」と呼ばれ、うつ病の人は世の中を正確に見ているということなのです。

 

ポジティブ思考の人は物事を楽観的に捉えることがあり、自分の才能や能力を過大評価しています。

むしろネガティブ思考な人は世界を正確に捉えすぎているため、障害やリスクが見えすぎて、すぐ諦めて無気力になるのでしょう。

真実は残酷なものです。

ポジティブ思考とネガティブ思考の使い分けが重要

ポジティブ思考とネガティブ思考、双方のバランスを取る必要があります。

基本的にはポジティブ思考だが、長期的な目標の場合はネガティブ思考が必要です。

コツコツ努力する必要があるときは、物事を正確に捉え計画を立てたほうがいいでしょう。

 

例えば試験の場合、当日まで時間があるときはネガティブ思考で勉強を黙々とやり、試験が近づくほどポジティブ思考になります。

こうすることで、成功した自分の想像だけで満足することが減り、実行力が上がります

 

一方で、当日まで時間があるときほどポジティブになり、試験日が近づくたびにネガティブになるのはやってはいけないことなのです。

大体の人はこの思考をやりがちです。

土壇場になるほどポジティブ思考で考え、一方で長期の目標ほどネガティブ思考で考えないといけないでしょう。

まとめ

以上「ポジティブ思考とネガティブ思考はどちらがいいのか」や「それぞれの思考のメリットデメリット」についてでした。

本記事のまとめ

  • ポジティブ思考は前向きで粘り強くなる力を生む
  • 人間の脳は夢に描くと達成したと勘違いを起こす
  • ネガティブは物事を正確に把握できる
  • 差し迫ったときはポジティブに、長期目標のときはネガティブに

ポジティブ思考は万能な考えではないことが理解できましたでしょうか。

ネガティブ思考にも利点があるので、使い分けが重要になります。

夢で満足しないように、コツコツ努力していきましょう。

-自己啓発
-

© 2020 逆境ドットコム