仕事

職場に苦手な人がいる…。基本的には仲良くする必要ない

「職場に好きではない人がいてイライラする」
「職場で苦手な人がいて仕事に行くのがおっくう」
「あの人さえいなければうまくいくのにな・・・」

こういった悩みに答えます。

誰しも職場の人間関係に悩むことがあるのではないでしょうか?

日々さまざまの人と関わりますが、その中でも職場は、1日の多くの時間を占めます。

苦手だからといっても仕事である以上付き合わないわけにはいきません。

上司や同僚、部下などいろいろな立場の関係性もありますし、それらの中で良好な関係を維持するのに疲れているのではないでしょうか。

結論から言ってしまいますと、全員に好かれる必要はありません。

この記事では、職場の人間関係の悩みについて書いていきます。

よかったら読んでみてください。

どうしても苦手な人はいるんだと理解する

真面目な人ほど会社の人と良好な関係を作らなければならないと考えがちですが、そんな必要はありません。

どうしたって好きになれない人は必ずいます。

会社で働く場合なんてまさにそうですね。

就職活動で会社は選べても、どのような人と働くかを選ぶことはできません。

また、会社を選びなおしたとしても、苦手な人がいなくなることはほぼありません。

相性の法則性

人と人との相性には「2体6体2」という法則があると言われています。

この相性の法則性を考えると、周囲にいる人のうち2割は相性の良い人、6割は普通の人、2割は相性の悪い人です。

つまりどんな会社に行こうとも2割程度は相性の悪い人がいるのです。

そしてこれは、自分に苦手な人がいるように、「誰もが2割程度の人を苦手としている」と読み解けます。

誰とでも上手く付き合っているように見える人でも、その実は苦手としている人がいるわけです。

苦手な人との付き合いに悩んだら、まずこの事実を思い出しましょう。

「どこにでも、誰にでも苦手な人がいるしね・・・」という事実を思い出せば随分気が楽になるはず。

苦手な人とは距離を置く

この相性の法則性を知っていると、どんなに努力しても、苦手な人をなくすことはできないという結論になります。

ある程度の割り切りも必要ですし、相手と距離を置くというのも選択肢の一つです。

苦手な人と付き合うことは体力をかなり使いますしね。

相手が距離を詰めて話しかけてくる場合は、「意見は言わず、聞き流していく」ということを徹底しましょう。

「そうなんですね」「難しい問題ですね」と同調せず、相手の言葉を返すことに意識しましょう。

そして、できる限り距離を置く、その場から離れましょう。

とはいえ、その場から離れられない状況、例えば、内勤で二人きりになる場面があるとか、そういう人は次の方法を使ってください。

自分の解釈を変えてみる

対人関係は4つの要素から構成されています。

  1. 自分(自分の考え方や行動)
  2. 相手(相手の考え方や行動)
  3. 関係性(上司と部下、恋人同士などの関係)
  4. 環境(職場、住まいなど)

どれかを変えれば、その影響で対人関係にも変化が生じます。

先ほどの例の通り、職場で二人きりになるという場面で考えてみます。

この場合、相手を変えることはほぼ不可能ですね。(ある程度察してくれる人なら別ですが・・・)

関係性を変えることも至難の業(自分一人で変えられません)ですし、環境もコントロールできません(二人っきりですのでその場を離れるのは不自然)。

つまり、この中で即効性があるのは「自分」を変えることです。

積極的に話しかけてくる相手に対して苦手意識がある場合は、「自分のことを気にかけてもらっているな、ありがたいことだ」と解釈してみる。

そのことをポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかは自分次第です。

他人や関係性、環境は簡単に変えられませんが、物事の捉え方は自分で変えることができます。

まとめ

以上、職場の人間関係の悩みについてでした。

本記事の内容

  • どうしても苦手な人はいるんだと理解する
  • 苦手な人とは距離を置く
  • 自分の解釈を変えてみる

仕事上、苦手な人を避けては通れないものです。

良好な人間関係を築ければいいのですが、そんな環境は滅多にないものです。

自分に嫌な態度をとる人と職場で過ごすのは本当難しいですが、それに対して自分も嫌な態度を取ってしまえば職場で孤立しかねません。

苦手な相手とは適度に距離を取ってもいいのです。

それに自分が気にするほど、相手は自分を気にしていないという場合もありますしね。

-仕事
-

© 2021 逆境ドットコム